スポンサードリンク

2016年09月06日

デザイナーズ銭湯の特徴

デザイナーズ銭湯は、いま注目を集めてますね。

これまでの下町のイメージを一掃するような、現代に
マッチしたデザインがいいのです。

世界的に有名デザイナーが作ったわけではありません
けれども、デザイナーズ銭湯は今の若者や女性が一度
は入ってみたいと思うような銭湯になっています。

全体はお洒落なデザインとなっていますし、浴室には
ジャズがながれていたり、サウナや露天風呂など都会
のお風呂とは思えないような作りになっています。

日々の疲れを癒すために、デザイナーズ銭湯を訪れる
ヒトもいますし、観光の一コマとしてお湯につかって
いるヒトもいて、その目的は様々あります。

具体的なデザイナーズ銭湯の特徴をいくつか紹介しま
しょう。

実際に行ってみて中に入った印象は、ホテルのスパの
をイメージしてみてください。

東横線の中目黒には「光明泉」があります。

数多くのデザイナーズ銭湯を手掛けた今井健太郎氏の
が手掛けたデザイナーズ銭湯として注目されています。

銭湯の周りは、トレンディなショッピングエリアや、
桜の名所で有名な目黒川、川沿いにはお洒落なレスト
ランやが並んでいます。

買い物のついでに銭湯でゆったりとした時間を過ごす
ことができるのです。

光明泉は、男湯と女湯が週代わりとなっていて、その
片側には注目の露天風呂が備わっています。

お湯につかりながら、東京の青空や夜空を眺めるのは
かなりの贅沢な気分を味わうことです。

事前にホームページで今週は男女どちらが露天風呂付
かを確認しておくのが良いでしょう。

内風呂には、ジャグジー、濃度の高いシュワシュワの
炭酸泉、そしてサウナ(別料金)が備わってします。

光明泉 露天風呂.png


光明泉 内風呂.jpg

目黒川桜まつり.jpg

目黒川桜まつり2.jpg






posted by Yケンコウ at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | デザイナーズ銭湯の特徴
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック